Author Archive

東日本大震災や熊本大分地震のように一瞬にして病院や施設、個々の支援が喪失したとき、地域にいる患者様はどうなるのでしょうか。 今回は熊本自身の被災中心地で病院が壊滅状態となり、患者様をどのように地域と連携して守ったのかを熊…続きを読む

ラグビー最強国の称号をかけた4年に一度の戦い【ラグビーワールドカップ】が2019年に日本で開催されます。大分県でも5試合が行われるこの大会にボランティアとして参加してみるのはいかがでしょうか。 本講演・研修会では、「スポ…続きを読む

※募集は終了しました。 大分県立図書館では、平成30年度に一年間ボランティアとして活動していただける方を募集します。年度途中での追加募集は行いませんので、興味のある方はこの機会にご検討ください。 ◆活動内容、募集人数 ・…続きを読む

少子高齢化社会の到来とともに、高齢者や住民が孤立化する地域の広がりを見せますが、その中で益々地域ボランティアが重要になっています。 「笑いヨガを少しでいいから、各地のサロンや老人会に取り入れたい」というボランティア精神あ…続きを読む

大分商工会議所青年部主催の「府内南蛮ライティング」は、地域や経済の活性化の一助を担えればと考え、中心市街地に子ども達等の夢と希望を描いた紙灯籠を灯すことで幻想的な空間を創り出し、市民や地域に喜ばれる大分冬の一大イベントと…続きを読む

本基金は、地域の種々の災害の救済、社会福祉事業、環境保全事業、地域つながり事業、冠婚葬祭継承などの社会貢献活動や、社会貢献に資する調査・研究事業に対して助成を行い、日本の生活文化と地域社会の発展に寄与することを目的として…続きを読む

現在、少子高齢化や共働き世帯の増加、地域のつながりの希薄化など、子どもたちを取り巻く環境が大きく変化しています。 九電みらい財団では、未来を担う子どもたちの健やかな成長を応援するため、九州各地の諸団体が取り組む次世代育成…続きを読む

【主催者より】 2011年3月11日に発生した東日本大震災、2万人近くにのぼる犠牲者の中で、障がい者の死亡率は、住民全体の約2倍であったとの報告が出されています。また、昨年8月末の台風10号による浸水被害が起きた岩手県岩…続きを読む

10月29日(日)に運行を予定しておりました、津久見行災害ボランティアバス「がんばろう津久見号」は、接近中の台風22号による悪天候が予想されるため運行を中止いたします。 なお、翌週11月3日(金・祝)、4日(土)、5日(…続きを読む

9月17日に大分県を通過した台風18号による被害の大きかった津久見市への災害復旧ボランティアバスの第3弾を10月28日(土)、29日(日)、11月3日(金・祝)、4日(土)、5日(日)の5日間運行します。 多くの方のご参…続きを読む

Copyright(c) 2017 ぼらのたねっと 大分県ボランティア・市民活動センター All Rights Reserved. Ver1.0